食べ過ぎた翌日の食事で「差」がでる!タイムリミットは48時間!?

高カロリーなジャンキーなもの、
糖質たっぷりなごはんや甘いもの、
カロリーも糖質もたっぷりな飲み物などなどを食べ過ぎ、飲みすぎてしまって

 

 

あーあ、やっちゃったな…
太るだろうな…(=_=)

 

 

と後悔と罪悪感に苦しめられているあなた!笑
まだあきらめないで大丈夫!!
今から24〜48時間以内の食事内容に気をつければ、食べ過ぎで摂取したエネルギー(カロリー)を体に蓄積させずにリセットすることができます。
要は…太らずにすむ!!
っということ。

 

どうして24〜48時間以内が大事なの?

 

食べたものは、胃や小腸に入り、消化するために分解されます。
分解されるときに食べた固形物たちは「グリコーゲン」っていうのに変わるんだけど、筋肉や肝臓などに必要分を蓄えたあと、あまったグリコーゲンが後に「脂肪」に変化して体に蓄えられてしまうんです。
あまったグリコーゲン(とりすぎたグリコーゲン)が脂肪に変わって体に蓄積する=太るメカニズム。って覚えておくと◎です。

 

で!!
そのグリコーゲンが脂肪に変化するのがだいたい24〜48時間と言われています。
だから食べ過ぎちゃったとしても、24〜48時間以内にあらたに過剰なグリコーゲンを摂取しないこと&摂取したグリコーゲンを消費(燃焼)しちゃえば、脂肪として蓄積されないので、太らなくてすむということ。
だから食べ過ぎちゃったときから24〜48時間が大事っということなんです!!

 

食べ過ぎた翌日は食べ過ぎないのが基本!!

 

 

食べ過ぎた翌日〜48時間内でリセットしてあげよう!

 

今回は、食べ過ぎてしまった後の24〜48時間以内の食事に取り入れて欲しい「太らないための食事内容(レシピ)」の一例をご紹介したいと思います。
全部を意識するのは難しい…という人は、食べ過ぎてしまったな…と後悔した翌日の朝ごはんだけでも、意識してみてください。それだけでも全然ちがいますからね^^


 

 

 

食べ過ぎた翌日の朝に食べるものはすごく大事!
わたしも実践している食べ過ぎた翌日におすすめの食事は…

 

・青汁を飲む

 

 

これだけ。笑
えっ!?これがレシピ?
って思われるかもしれないけど、食べ過ぎた翌朝は青汁しか飲みません。
食べるときはしっかり食べているのに、モデルさんや女優さんたちが太らずに、キレイな体型を維持できているのは、こんな風に置き換えをして(運動で消費してる人ももちろんいるけど)コントロールしているから!

 

おすすめは青汁(飲みやすいもの)

スムージーや酵素ドリンクなどなど、食事の置き換えアイテムは色々あるけれど、体に必要な栄養素をバランスよく摂取するには青汁が、低カロリー低糖質でもってこいなので、私は青汁を推奨しています。

 

お水やお白湯だけもありだけど、どうせ飲むなら栄養素はしっかりとっておきたいので、低カロリー低糖質な青汁はバッチリ!
カロリーや糖質は摂りたくないけど、体に必要な栄養素はちゃんととっておきたい!!っていうタイプの人にはなおさらおすすめです。

 

おすすめの青汁はコレ

 

 

青汁ってホント書ききれないくらいたっくさんの種類があるけれど、中でもおすすめなのは『神仙桑抹茶ゴールド』っていうこの青汁。
青汁というよりは高級なお茶って感じ。味はお抹茶みたいな味ですごく美味しいくてゴクゴク飲めます。抹茶が苦手な人でなければ、美味しく飲めて「苦」じゃないので、ぜひ試してみてください。

 

⇒神仙桑抹茶ゴールドの詳しい情報はコチラ

 

おすすめの飲み方は牛乳割り

お水やお湯で割って飲むのも◎ですが、
私は上の写真の様に牛乳で割って飲むのが1番好きでハマってます。
朝一から「美味しい!!」って思えると、満足感も得れていい感じです(・∀・)

 

 

今回は間に合わないけど…

 

今回食べ過ぎてしまった分のリセット食としては間に合わないけど、次回のためにGETしておくと◎
今回食べ過ぎた分の朝食のリセットは、お水かお白湯でしのぎましょう。←何も食べないのは体に悪いんじゃ?って心配になる人もいると思うけど、前日に食べ過ぎているのでエネルギーは十二分に足りてます!笑
なので、ここは心配せずに、胃をもとの大きさに戻してあげてる途中!と思って、固形物を入れないようにしてみてください!
桑抹茶はリセット用としてだけじゃなくて、ちょっと痩せたいからダイエットしようかな…っというときに朝食をコレに置き換えるだけで、栄養をきっちりとりながら、且つダイエットができるアイテムなのですごく役立ちますよ!


 

どうしても朝は何か食べたいという人は…

リセットしなきゃとは思うけど、
どうしても、どうしても、、、
朝何か食べたい…!!

 

っという人は、低糖質のふすまパンを1つだけどうぞ。
いつもの普通のパン(糖質たっぷり…)を、ふすまパンを置き換えれば多少コントロールできます。
ただし、

 

パンはガマンできる!
っという人は食べなくてOK。
食べない方がVERYGOODなのはお忘れなく!!

 

 

おすすめのふすまパンはコチラ

 

 

これは低糖工房というお店のふすまパンなんですが、
価格も高すぎず、味もいいのでおすすめできます。
ふすぱパンをよく知らない…という人はコチラで詳しく説明しているのでよければチェックしてみてください。
簡単に言っちゃうと、普通のパンに比べてはるかに糖質が少ない!
っていうのが特徴です。
そして食物繊維がかなり多いので、食物繊維の持つ代謝をアップしてくれる作用が、脂肪を溜め込まないようにしてくれるので、食べ過ぎた翌日のリセット食にはもってこいのパンなんです。
ただし、食べるとしてもパンは1つだけにしておきましょう。
あくまでもリセット中!ってことを忘れないで(・∀・)

 

⇒低糖工房のホームページを見てみる

 

 

 

いつものパンをふすまパンに変えるだけでもダイエット効果あり!

 

ふすまパンも今回の食べ過ぎた分のリセット食としては間に合わないけれど、毎朝のパンをふすまパンに変える食生活を続けていると、ダイエット効果を得られやすいので、ちょっと痩せたいな…ダイエットに興味あるな…という方はお取り寄せしておくといいですよ!

 

低糖工房にはパンだけじゃなくて、低糖質のスイーツなどもあるので気になる人はチェックしてみてください。


 

 

 

 

・クタクタに煮た野菜スープ
・おうどん
・お雑炊

 

などなど
食べ過ぎた翌日のお昼は、このように消化がいいもの(胃に溜め込む時間が少ないもの)を取るように意識してみてください。
ダイエットを意識している人であれば、ここは絶対野菜スープ。
おうどんやお雑炊などは糖質が高いので避けるのが無難です。
(お昼から力仕事などがある人は消費できるので少しならOK)

 

 

野菜スープなら、おうどんやお雑炊だけでは摂取できない
お野菜の栄養素も摂取できるのでよりおすすめ!
おかわりもOKなので、満腹感もばっちりです。

 

 

消化がいいので腹持ちはよくありません。
なので少しするとお腹がグーとなりだす可能性はあるけれど、そこはグッとこらえましょう!!

 

 

 

 

 

・お昼とほぼ同じ

 

夜ご飯も、できるだけ消化のいいものを食べるようにします。
消化の悪い脂っこいお肉などは避けるように気をつけて!!
あれこれメニューを考えるのが面倒くさかったら、お昼と同じ野菜スープを飲めばOK!
スープはカロリーも糖質も低いのでおかわりしてもいいです。
(ただ食べ過ぎはダメ)

 

 

 

 

 

 

・青汁
・ヨーグルトなど
・(ふすまパン)

 

食べ過ぎてしまった日から2日目の朝も
できるなら固形物は避けて、飲み物とヨーグルトぐらいにおさえておくのがベスト。
どうしてもパンが食べたい人はふすまパンを1つどうぞ。

 

ただし食べる順番は@青汁AヨーグルトBパンの順番で!
(血糖値をできるだけ急激にあげない為の順番です)

 

 

 

 

・野菜スープ
・鶏ササミの串焼き

 

 

翌々日のお昼と夜ご飯も、
できるだけ低カロリー&低糖質の食事を意識するようにしましょう。
だけどこれくらいになれば少しずつ固形物を食べてもOkです。(食べ過ぎはもちろん論外!)
おすすめは鶏ササミの串焼き!
脂もカロリーも、糖質も少ないのに高たんぱく質のスペシャル食材です。

 

 

これでリセット期間は終了!
これを徹底していれば、食べ過ぎてしまったとしても、太る可能性はものすごく少なくなります。
あとはやるか…やらないかダケ。
太りたくない!!
っという思いが強い人はぜひ、トライしてみてくださいね(・∀・)

 

 

お腹がグーグーなるのは胃が正常に戻ってきてる証!!

どうでしょうか?
改めて見てみると、やっぱり食べ過ぎた後のリセット食はボリュームが少なくてお腹がすくメニューになっています。
だけど、食べ過ぎてしまったあとのリセットタイム24時間〜48時間は、基本的に消化のいいものしか摂取しないと決めちゃってください。
太るのを防ぎたいなら、ここは踏ん張って!

 

消化のいいものっていうのは、胃にとどまる時間が短いので満腹感がなく、すぐにお腹がすいてお腹がグーグーとなるデメリットがあります。

 

 

 

だけど!!

 

グーっとなるのは、胃が元々の大きさに戻ろうとしている証!!
お腹がグーっとなるのは、あなたが食べ過ぎた時に膨張していた胃が、正常な大きさに戻ろうとしている証なんです。なので、そこで「あ、おなかなってる…お腹すいたな…なんかちょっと食べちゃお!」と思って食べちゃうんじゃなくて、「お!胃が元の大きさに戻ってる戻ってる…♪」と思って踏ん張ってください!!


 

 

どうしても空腹感に耐えられなかったら「青汁」を!

リセット中!
リセット中!!

 

と言い聞かせても
どうしてもお腹がグーグーとなり、空腹感に耐えられないときもあると思います。そんなときは、朝食時におすすめしている「青汁」を飲むようにしてみてください。
カロリーも糖質も少なく、体にうれしい不足しがちな栄養素をしっかり摂取することができるので、一石二鳥です。

 

 

▼コレ

詳しいことはホームページに載っているので割愛しますが、この青汁には食物繊維が豊富にはいっているので、代謝をよくしてくれるだけじゃなく、多少は腹持ちもよくなります。(個人差はあるけれど)
それに、この桑抹茶ゴールドは青汁というよりほぼお抹茶のような味なので美味しく飲むことができ、お茶タイムをしている感覚になれます。それが◎

 

 

脂肪や糖分をブロックしてくれる「桑の葉」がたっぷりはいっている青汁なので、食べ過ぎてしまった後のリセット食にも、プチダイエットにもかなり重宝しますよ!!
なにより体にいいので気になる人はチェックしてみてください。

 

⇒桑抹茶の詳しい情報を見てみる

 

 

翌日に運動をするならシビアに制限しなくてもヨシ!

もしあなたが運動を良くするタイプの人で、
食べ過ぎたとしても、翌日〜翌々日にかけてランニングをする予定がある!ウォーキングをする予定がある!とかなら、無理に食事のリセットを考えなくてもOKです。
ただ、頑張って消費しようとしているところに、またあらたにガツン!と摂取しちゃうとさらにまた運動しなくちゃいけなくなるので、食べ過ぎるのはやめましょうね!笑

 

 

運動をすれば、前日に溜め込んだ脂肪を燃焼できます!
もっと詳しくいうと、グリコーゲンが脂肪に変わる前に運動したほうが燃焼スピートは早くなります!(⇒詳しくはコチラ)
これが1番理想的なエネルギー消費、発散のほうほうだけど

 

運動がキライ…(_ _)

 

 

っていうタイプの人であれば、上で説明したように、食べ過ぎた24〜48時間以内の食事を気をつけることを意識してあげましょう。
あんまり変化の見えないことかもしれないけど、それが積み重なって積み重なって、体にでてきますからね…笑

 

 

こーんなことになる前に、きっちりセーブして太らないように(脂肪と糖分を蓄積させ過ぎないように)ぜひトライしてみてください。
頑張りましょうー(・∀・)!!